スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空戦機動-バレルロール

今回が最終回予告!!
バレルロールを紹介します。

バレルロールとは?
ロールとピッチアップを駆使、螺旋を描くように飛行することで自機の進行方向を保ったままミサイルをブレイクできます。非常に高度で素晴らしく応用性に富んだテクニックです。
僕も得意とするテクニックの1つです。
動画をご覧下さい。

動画をご覧になってお気づきかどうか知りませんが螺旋の真上と真下の状態の切り替えるタイミングで飛行機雲に対して直角を作るように飛んでいたと思います。BFの場合はこれぐらいの角度でバレルを行なうのがベストです。深さのピッチとロールで調整できます。このバレルロールもラダーの使い方とスロットルの使い方が重要です。最も簡単なバレルロールはピッチを押しっぱなしで螺旋の真上と真下でラダーを使う事(当然ラダーを使いっぱなしでも良い)でバレルロールは出来てしまいます。螺旋の上と下で別のラダーを使う事でグルグル回れます。BFの場合は浅い(高速)バレルよりも深いバレル、つまり螺旋の大きいバレルの方が効果的です。

僕は上で述べたようにまず相手の腕を見るために螺旋の上と下で直角にバレルを使って技量を測ります。それでも付いてくるようだと、それより深いバレルロールを行い、螺旋の上と下でラダーをイン・アウトに使って高速でロールを使って切り替えるようにしてます。このラダーの使い方と言うのは急旋回の応用です。
BFのドッグファイトはまあPing(環境)的な問題も有りますが、如何に相手の位置(ポジション)を把握できた上でエネルギーを温存出来ていて如何に相手の一瞬のミス(進路選択ミス)を見逃さないかです。
とりあえず最後に成りましたが、何かご要望とか有れば特設コーナーを設けたいと思います。実戦をやっていて素晴らしい動画が撮れたらアプしたいと思います。こう御期待!!
スポンサーサイト

空戦機動-インメルマンターン

縦系機動のインメルマンターンを紹介します。
インメルマンターンとは半ループの事です。
水平状態からループをして円軌道の一番上に来たら機体を180度ロールをして水平に機体を戻すターンです。
ココでもポイントはロールの正確性と俊敏性が問われます。スロットル操作を巧く使うと小さい半径で行なう事が出来る。
①小さい半径
操作:上昇中にスロットルをオフにする。
メリット:急旋回なのでミサイルを回避が容易。
デメリット:上昇中にスピードダウンするので相手に距離を縮められる。
②大きい半径
操作:上昇中にA/B全開で上昇する。
メリット:スピードを生かして行なうので背後の相手機を遠ざける事が出来る。
デメリット:縦方向への距離が大きくなるので被弾しやすい。
どんな状況で行なうのか?
①相手と正面状態(ヘッドオン)からすれ違いそうなときにスプリットSやスライスターンでは高度が足らない場合。出来れば最小半径で曲がるのが良い。すれ違ってからターンを開始したのでは遅い。
②相手に背後を取られてロックされそう、された場合のミサイル回避時
③爆撃を行なってG-A(地対空兵器)から逃げる場合。スピードを生かしたターンが望ましい。
では動画をご覧下さい。

動画の最後にやったターン上から下に下降したのがスプリットSです。
では実際にやってみましょう。

次回はインメルマンターンの発展した現代インメルマンターンを紹介します。
楽しみにね^w^;

テーマ : BATTLEFIELD 2
ジャンル : オンラインゲーム

航空自衛隊

今日は実際の航空自衛隊がどんなことをやってるかを書きます。ドッグファイトの訓練は基本2VS2で行ないます。①リーダー機②Wingマンと言うシステムで、実際の戦闘では単独で行動することはありえないのです。当然4機で編隊を組む場合も①総隊長兼第一編隊のリーダー②第一編隊のWingマン③第二部隊のリーダー④第二部隊のWingマンと言うシステムになります。今回のビデオはYouTubeに丁度良いビデオがあったのでアプします。

ビデオを見たとおり隊長はWingマンを自由に動かせる能力が問われるわけです。簡単に言うとWingマンの命を預かってる事になるのです;; それだけに絶対にミスは許されません。バトルフィードもクラン戦の時では両チーム2機づつの編隊になるので当然TS或いは同分隊でマイクで通信を行なう事になります。そしてビデオのように援護を頼むとか、相手をひきつけるとか、回り込んでくれとかの支持が重要視されます。まったくビデオの通りです。悲しからず、BFはミサイルの精度がMEC軍は悪いのでUS有利になりますが、製品のようなミサイルの精度だと完全に背後をとられた場合死んだと思ってよいでしょう。DEMOならなんとか逃げてたりするもですが^w^
僕はこのビデオの要領でBFも戦っています。要するにマップで見方がスポットしてくれた相手機や見方機の位置を確認して、見方の動きがおかしいと後ろに相手機に背後を取られてる可能性が高いので即援護に向かいます。素人パイロットでは背後に居る相手機を自らスポットするような事は難しいです。だから動きをみて判断するしかないのです^w^;相手機が強い場合は高高度で待機してて、相手の油断をさそって見方を餌にしてアフターバーナー全開で襲い掛かると良いでしょう。失敗すると離脱をお勧めします!

テーマ : 国家防衛
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

黒住英正

Author:黒住英正
現在は好きなパイロットは飛行教導隊所属の黒住さんです。
そういう私はフライシムをよくやっててあらゆる空戦テクニックで戦闘機を操り相手を追撃します。
もし同じ空で飛んでいたら気づいた時には君の背後に迫ってるでしょう。
最近私はエースコンバット6に戻って遊んでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
XBOX FRIENDS
Xbox Friends
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。